EMOハノーバー 出展中

さて、久しぶりのハノーバーです。


今回は、EMOハノーバーに出展するため。


6日間の長丁場のこのEMOハノーバー。


世界の三大展示会の一つとも言われています。


他の二つはシカゴのIMTSと、東京のジムトフ。


初日の客足は少なかったですが、これから多くなることを祈って、素敵な出会いに期待です。


弊社の出展ブースは『ホール25 E18』になります。


EMOハノーバーにお越しの方は、ぜひとも弊社のブースにお立ち寄りください。

制御盤世界カンファレンス ドイツのヴィットリッヒのArend Prozessautomation社


今回で2回目を迎える『制御盤世界カンファレンス』


今回は、ご紹介するのはArend Prozessautomation社。


Arend Prozessautomation社はドイツ・ヴィットリッヒで 30 年間にわたり、FA システムインテグレーターとして活動し、インダ ストリー 4.0 及び製造環境のデジタル化に特化した、FA のエキスパートです。


幅広い製造業の顧客に対し、生産 分析と効率化、効率的なネットワークソリューションや協調型ロボットを融合した製造システムを提供しています。


Arend 社はドイツ・トリーア商工会議所の SIG「インダストリー 4.0」のリーダーであり、ドイツ人工知能 研究センター(DKFI)の Smart Factory の一員でもあります。


また、製品開発も行なっており、新製品として IoT ビジ ネスモデルのプラットフォームにブロックチェーン技術を適用し、強固なハードウェアベースのサイバーセキュ リティを備えたデータコレクタを開発しています。


スピーカーの Markus 氏はそのキャリアを半導体や医療分野の ソフトエンジニアとしてスタートさせ、途中で分散制御システムについての調査・研究を行う為にキャリアを 中段して就学し修士号を得ており、Arend 社では製品開発や調査部門を牽引し高度なスキルを提供しています。


そんな Arend Prozessautomation社のMarkus Jostock氏の講演内容は、ヨーロッパにおける制御の最先端事情。


ご興味のある方は、横浜会場と名古屋会場にお越し頂いて、是非ともMarkus Jostock氏の講演をお聞きください。


なお、制御盤世界カンファレンスの参加費は無料となっております。



Arend Prozessautomation社のMarkus Jostock 氏





詳細はこちら。

横浜会場
日時
2017年10月19日(木)
9:00~17:30(予定)
会場
新都市ホール
横浜市西区高島2-18-1
横浜新都市ビル9F(横浜そごう9F)
アクセス
JR横浜駅南口から徒歩5分


名古屋会場
日時
2017年10月24日(火)
9:00~17:30(予定)
会場
名古屋国際センター 別棟ホール
名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
アクセス
名古屋駅より徒歩7分



対象者
* 北米や欧州の企業は日本の製造業、機械装置メーカに何を求めているか
知りたい方
* 海外へ産業用機械装置を売りたいが、国際規格の経験がなく困っている方
* インダストリー4.0やIoTに対してどうしたらいいのか分からない方
* 制御盤のUL508A規格対応やCEマーキングでお困りの方
* UL508Aの認証制御盤メーカーを利用する場合としない場合で何が違うのか分からない方
* 海外に機械装置を輸出する場合の最大のリスクヘッジをお知りになりたい方
*
定員数
【横浜会場】300名 / 【名古屋会場】300名

参加費
無料

主催
株式会社 三笠製作所
TEL : ‪0587-91-3661‬ 担当 宮川・長谷川

海外制御メーカー出展兼スピーカー企業
Hoffman(ペンテェア) / BECKHOFF / EPLAN / OMRON / ちの技研 / 
イルメジャパン / 駿河精機 / RITTAL / ERIFLEX(ペンテェア)
前田シェルサービス / 名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所

制御盤世界カンファレンス お申し込み



前回の記事

制御盤世界カンファレンス ザールブリュッケンのroger社

今回で2回目を迎える『制御盤世界カンファレンス』


今回は、ご紹介するのはroger社。


roger社は欧州3箇所の企業からなるcalegグループの一員で、ドイツのザールブリュッケンに拠点を構えています。


ザールブリュッケンはフランスとの国境の街ですね。


calegグループは電気制御機器を収納するエンクロージャーが標準品では用途を満たせない場合には、カスタマイズ品の開発・製造を行い顧客をサポートする。そして製造したエンクロージャーに制御機器取付け・配線を行ない、完成された制御盤として出荷するワンストップサービスを特長としています。


コアとなるスキルはコントロールキャビネット・システムハウジング開発・製造、盤クーラーやファンなどの冷却システム、19インチラックシステム、制御配線施工と幅広い。対応する材料は鉄、アルミ、ステンレス、プラスチックでの生産が可能。


roger / calegの製品は幅広い分野で採用されており、例えば風力や太陽光発電設備への納入、包装業界、搬送技術、データ処理センター、機械工学分野においても、製品はますます使用されています。


オーナー兼CEOのMr. Bernd Steinbachはカイザースラウテルン工科大学ビジネスエンジニアリングにおいて修士号を取得し、2007年からroger / caleg グループを率いて、ユーザーの要望に合わせてオーダーメイドのソリューションをEU市場に提供しています。


「独自のソリューションを提供できるのは、何十年間にもおよぶ板金製造経験、近代化されたマシンパーク、優秀で高い意識を持った社員のおかげ」と彼は言います。


柔軟なサービス方針を持つ制御盤メーカーとして、日本企業の心強い味方となってくれるますね。


そんなroger社のBernd Steinbach氏の講演内容は、ヨーロッパにおける制御の最先端事情。


ご興味のある方は、横浜会場と名古屋会場にお越し頂いて、是非ともBernd Steinbach氏の講演をお聞きください。


なお、制御盤世界カンファレンスの参加費は無料となっております。



roger社のBernd Steinbach氏



制御盤世界カンファレンスお申し込み


詳細はこちら。

横浜会場
日時
2017年10月19日(木)
9:00~17:30(予定)
会場
新都市ホール
横浜市西区高島2-18-1
横浜新都市ビル9F(横浜そごう9F)
アクセス
JR横浜駅南口から徒歩5分


名古屋会場
日時
2017年10月24日(火)
9:00~17:30(予定)
会場
名古屋国際センター 別棟ホール
名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
アクセス
名古屋駅より徒歩7分



対象者
* 北米や欧州の企業は日本の製造業、機械装置メーカに何を求めているか
知りたい方
* 海外へ産業用機械装置を売りたいが、国際規格の経験がなく困っている方
* インダストリー4.0やIoTに対してどうしたらいいのか分からない方
* 制御盤のUL508A規格対応やCEマーキングでお困りの方
* UL508Aの認証制御盤メーカーを利用する場合としない場合で何が違うのか分からない方
* 海外に機械装置を輸出する場合の最大のリスクヘッジをお知りになりたい方
*
定員数
【横浜会場】300名 / 【名古屋会場】300名

参加費
無料

主催
株式会社 三笠製作所
TEL : ‪0587-91-3661‬ 担当 宮川・長谷川

海外制御メーカー出展兼スピーカー企業
Hoffman(ペンテェア) / BECKHOFF / EPLAN / OMRON / ちの技研 / 
イルメジャパン / 駿河精機 / RITTAL / ERIFLEX(ペンテェア)
前田シェルサービス / 名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所

制御盤世界カンファレンス お申し込み



前回の記事

12年目に突入のブログ

2006年の8月29日に始めたこのブログも、11年が経過しました。


長いですね。


とにかく長い。


本当に自分を褒めてあげたいくらい長続きしています。


ブログ自体は、専ら日記や備忘録になってしまっていますが、それでも十分。


長く続けられるということ、もしくは長く続いているということは、自信にもなり、ある種の与信にもなると思います。




12年目に突入したこのブログ。


暇を見つけて日記がわりにこれからも書いていこうと思います。


制御盤世界カンファレンス ミラノのフランゾージー社

今回で2回目を迎える『制御盤世界カンファレンス』


今回は、イタリアのミラノ近郊のサロンのから来日予定のアンドレア フランゾージー氏のご紹介です。




FRANZOSI S.N.C.はイタリアの北東サロンノに所在する制御盤メーカー。


Andrea Carlo Franzosi氏は、筐体設計や回路設計はもちろん、SIEMENS ABB OMRONのプログラムもこなすエキスパート。


FRANZOSI S.N.C.は歴史ある制御盤メーカーで、かつ設計力と製造の技術力はとても高く欧州で信頼を得ています。


中でも、配線はとても綺麗でしかも完璧であり、目を見張るものがあります。


特筆すべき点は、欧州各地での電気工事・プログラム変更も対応可能なところ。


ますます欧州でのお客様への高サービスが充実し、さらなる起案・提案に磨きをかけています。




Andrea Carlo Franzosi氏


そんなフランゾージー氏は、ヨーロッパの制御におけるCEマーキングの最先端事情をスピーチ予定です。


ご興味のある方は、是非とも横浜会場と名古屋会場にお越し頂いて、フランゾージー氏の講演をお聞きください。


なお、制御盤世界カンファレンスの参加費は無料となっております。


制御盤世界カンファレンスお申し込み


詳細はこちら。

横浜会場
日時
2017年10月19日(木)
9:00~17:30(予定)
会場
新都市ホール
横浜市西区高島2-18-1
横浜新都市ビル9F(横浜そごう9F)
アクセス
JR横浜駅南口から徒歩5分


名古屋会場
日時
2017年10月24日(火)
9:00~17:30(予定)
会場
名古屋国際センター 別棟ホール
名古屋市中村区那古野一丁目47番1号
アクセス
名古屋駅より徒歩7分



対象者
* 北米や欧州の企業は日本の製造業、機械装置メーカに何を求めているか
知りたい方
* 海外へ産業用機械装置を売りたいが、国際規格の経験がなく困っている方
* インダストリー4.0やIoTに対してどうしたらいいのか分からない方
* 制御盤のUL508A規格対応やCEマーキングでお困りの方
* UL508Aの認証制御盤メーカーを利用する場合としない場合で何が違うのか分からない方
* 海外に機械装置を輸出する場合の最大のリスクヘッジをお知りになりたい方
*
定員数
【横浜会場】300名 / 【名古屋会場】300名

参加費
無料

主催
株式会社 三笠製作所
TEL : ‪0587-91-3661‬ 担当 宮川・長谷川

海外制御メーカー出展兼スピーカー企業
Hoffman(ペンテェア) / BECKHOFF / EPLAN / OMRON / ちの技研 / 
イルメジャパン / 駿河精機 / RITTAL / ERIFLEX(ペンテェア)
前田シェルサービス / 名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所

制御盤世界カンファレンス お申し込み



前回の記事
プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

ドイツとアメリカとアブダビと日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中 UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

世界130の国とと地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー
UL508A認定工場/UL PANEL SHOP
UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント/SIEMENS/ABB/MITSUBISHI
/OMRON 制御設計ハード・ソフト・制御盤製造
ドイツ・シュトゥットガルト
アメリカ・サンノゼ
シンガポール・チャンギ
UAE・アブダビ予定

リンク
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
    follow me on Twitter
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のコメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    海外情報
    778位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    中東
    17位
    アクセスランキングを見る>>
    ブログ内検索
    RSSフィード