SUPER GT 鈴鹿1000Kmレース

先週末は三重県の鈴鹿サーキットで、SUPER GTの第6戦の1000Kmレースが行われました。


雨が降ったり止んだりの、不安定なコースコンディション。


天気が荒れれば、いろいろなドラマが生まれそうで、ファンにとっては楽しみだったり不安だったり。


ちょっとだけ涼しかったけれど、とはいえ夏の鈴鹿の1000Kmレース。


Team LeMansのクルーも一丸となって、長丁場のレースに挑みます。


ピットクルーは時間さえあれば、床を拭き、整理整頓をし、タイヤ交換のシミレーションを人知れず当たり前のように行っています。


ピットクルーの間接部隊は、端末を凝視しながら、コンマ何秒の中で戦略を練っていきます。


戦略を練ったとしても、レースが始まれば当たり前のように、状況が変化していくので、ピットクルー全員が都度都度監督の指示のもと、即時行動で対処。


GTマシンを操縦するドライバーは、勇気と集中力とプライドを持って、ステアリングを握ります。



今回は序盤こそ無難だったものの、中盤から終盤にかけて、様々なドラマが。



続きはぜひ、伊集院さんのラジオを聞いてみてくださいね。

伊集院さんの鈴鹿1000Kmレース

僕のブログよりわかりやすいです!


次戦はタイのブリラムサーキット!









このブログも10年

このブログを書き始めて10年が経ちました。


継続は力なりと言いますが、このブログを10年書いて、何か変わったかというと、さほど何も変わってないような気もしますが、ブログを10年書いたと言うことが公言出来るだけでも、それはそれで立派なことなのではと感じます。


筋トレをして食事制限をして、フィジークやボディービルディング用の身体を作り上げるのと一緒で、一朝一夕で出来上がるものではなく、継続してきた証として、それらが成果物として残るのです。


見る人が見てくれれば、感じることができる人が感じてくれれば、それらは立派な与信となるはずです。


いつまでこのブログを続けるかはわかりませんが、1日1日の積み重ねが、自信と与信になり、内面を強くしていくと思い、ぼちぼち続けていこうと思います。


SUPERGT第6戦 Team LeMans 鈴鹿サーキット

弊社が応援する、なかなか調子の上がらない名古屋グランパス。


降格圏内付近でとても危なっかしい。


まずはセカンドステージでの一勝を、本当にファンは心から願っています。


一方、弊社が応援するSUPERGTに参戦中の、Team LeMans。


昨年と比べると、脇阪寿一監督のもと、チーム一丸となって勝ちにいく姿勢が一層強く感じられる。


そろそろ表彰台の予感。


しかもファンとしては真ん中を期待してしまう。


今週末8月27.28日はSUPERGTの第6戦が、三重県の鈴鹿サーキットで開催されます。


地元の方やお時間のある方は、ぜひともサーキットに足を運んで、生のSUPERGTを観戦する事をオススメします。


亡くなってしまいましたが、尊敬する山際淳司氏も、スポーツは生で観るのが最良だと仰ってました。


ぜひともサーキットへ。



まずは勝つ喜びを。

なかなか調子の上がらないグランパス。


セカンドステージはぶっちぎりの最下位ですね。


J.LEAGUE創設期からのオリジナル3のチームなのに、いまは総合順位で降格の危機。


ファンとしては、来季2部リーグで戦う姿はあまり観たくないかな。


おらが町のグランパス。


弊社がスポンサーしているグランパス。


堕ちるところまでおちたなら、あとは死の谷から必死に這い上がって欲しい。


今週末はトヨタスタジアムでFC東京との一戦。


まずは一勝。


勝つ喜びを思い出して欲しい。


バンクラディッシュのリズビーと、体調不良の橋本さん

ホテルに戻って、バンクラディッシュ人のリズビーと言う名の若者と打ち合わせ。


リズビーは、5ヶ国語を操るナイスで、かつちょっと面白くズレてる若者。


ベンガル語と英語とアラビア語とタミル語とヘブライ語の順に得意だとか。


中東では、ほとんどの人の公用語が英語とアラビア語なのだけれど、たいていの場合は英語でコミニケーションをとっているかな。


エレベーターでもレストランでもどこでも英語が聞こえてくる。


ちなみに、英語といっても、訛りは千差万別。


たまに、英語非ネイティブの同郷の人同士が、英語で会話しているうちに、お互いの微妙な英語の自国の訛りに気がついて、なんとなく自国語に切り替えながら会話が続いていくのを、何度も見聞きしたことがある。


話はもどって、リズビーはドバイやアブダビで出来た友達のうちの一人。


毎月毎月中東に通い、たくさんの友達や仲間も出来たけれど、リズビーとは一番いろいろと話をする仲かな。


これから弊社が行う中東でのプロジェクトに対して、必ず助けてくれるはず。


そんなリズビーにいろいろとお願い事をして、今回の打ち合わせは1時間ほどで終了。


ローカルの生の情報は本当に役に立つ。


来月もまたリズビーと会う約束をして、体調不良の弊社の制御設計者の橋本さんとドバイ空港へ。


これからも、引き続き毎月毎月ドバイに通いかな。


体調不良の橋本さんとリズビー。


プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

欧州と北米と日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中 UL508A認定工場

UL508A認定工場
UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント/SIEMENS/ABB/MITSUBISHI
/OMRON 制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

リンク
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
    follow me on Twitter
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のコメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ビジネス
    150位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マーケティング・経営
    39位
    アクセスランキングを見る>>
    ブログ内検索
    RSSフィード