夢のある琵琶湖へ。

こと釣りに関しては、本当に晴れ男で、いままで雨に降られたことはありません。


そして、雨の予報もものともせず、盆休み最後の休日は、社長友達と琵琶湖の北へ。


バスボートを下ろす頃には雨も止み、いざ60を求めて、いつもガイドをお願いするノースウェーブの北方さんのスキーターで湖面へ。


日常のストレスや喧騒を忘れて、一心不乱にロッドを振れば、あっという間に自分だけの世界に突入。


夢のビッグフィッシュは思わぬ形で。


6メーターの浚渫エリアを、ライトリグでボトムを取りながらズル引き。


時間は10時頃かな。


湖流があるので、カーブフォールさせて、湖流の下流に落ち着いたところで、ボトムをズル引きしていると、硬い感じのショートバイト。


クセでショートバイトを電撃フックすると、フックが乗ったというか、入った感じ。


ロッドを立ててリールを巻くと、割と早めに湖面近くまで出てきて、なんとなく魚体が見えたような。


50オーバーかなと。


それからが大変。


一度6メーターラインまで潜行し始めて、全く上がって来なくなって、ドラグも滑りっぱなし。


湖面に上がり始めると、ボートの船尾に走ったり、船底に入ったりと、2分前後やり取りして、なんとなく湖面に。


北方さんがネットを用意して、いつでもすくえる状態。


なんとか湖面近くまで持っきた時に、たまに感じるアレ。


ロッドグリップに感じていた重みがふっと抜け、三日月のように曲がっていたロッドのしなりが無くなり、ロッドはストレートに。


あっ、バレた…


実は久しぶりのバラし。


ここ6回くらいの釣行では、全くバレてなかったから久しぶりの感覚。


まぁまぁ大きかったから残念だな、と。


で、北方さんの方を見たら、北方さん曰く、今のは間違いなく60オーバーだったと。


自分は魚体を見れなかったけれど、北方さんは湖面近くに上がってきた魚体を横から見たときに、驚愕するくらい大きな魚体だったと。


魚体を確認できなかった自分とは裏腹に、魚体を確認した北方さんの方が、脱力感に苛まれるほどのサイズ。


バラシた時に、湖底に消えゆく魚のテールだけがなんとなく見えたけど、確かに大きなフィッシュテールだったかな。


カーペットにヘタリ込む北方さんを見て、あぁ、やっぱりそんなに大きかったんだと再確認。


ビッグフィッシュを船の上にあげられなかったのは残念だけど、自分のことのように悔しがっている北方さんを見ると、なんとなく嬉しかったな。


フォローで数投したけれど、40と50が一本ずつ。


今回は60フィッシュが獲れなかったけど、可能性のある琵琶湖。


フロリダに行っても、カリフォルニアに行っても、現地のローカルが曰く、いつかは琵琶湖で釣りをしたい、というセリフ。


彼らアメリカのローカルが言うように、本当に夢のある琵琶湖。


噂では80もいるでしょ。


みたいな。


SUPER GTの鈴鹿サーキットが終われば、また夢のある琵琶湖へ。

仲良しの社長仲間達とサッカー観戦

ヨーロッパに行くと、いつもサッカーが好きで良かったな、と、思うことが多々ある。


86年以降から今の選手やチームまでわかるので、取引先や営業先でいつもサッカーの話をしてる。


特にドイツではよく役に立つ。


一方、日本国内でもサッカーが縁で、いろいろな仲間とスタジアムに行ったり、サッカーの話をする機会がある。


土曜日の名古屋グランパス対松本山雅の試合も、松本山雅のスポンサーをしている社長友達と一緒に昼ご飯を食べて、その後スタジアムまで行くことに。


ずっとサッカーの話をしたり、仕事の話をしたりと、共通項が多いので、一緒にいて楽しいし、全くストレスが無い。


その仲良しの社長友達とは、スタジアムのシート、ようは観戦場所はさすがに違うので、スタジアム内では別々に観戦。


仲良しの社長友達は松本山雅側で。


自分達は名古屋グランパス側で。


試合は5-2でグランパスの勝利。




サッカーがあるからこそ、いろいろな地域でいろいろな仲間と観戦できるのは、本当に貴重な体験と時間かな。


これからもこういった有り難い縁と時間を大切にしていきたい。



青木選手もロビンもいい感じで 名古屋グランパス

最近の名古屋グランパスをみていると、中盤から前線はかなり機能し始めて、先発メンバーも固定され始めたかな。


新加入のシャビエルがいい感じ。


青木選手もロビンも分掌もしっかり把握していて、かつ動けている。


まだまだ守備は連携もうまくいってなさそうだけど、あと2.3試合で是正させそう。


後半戦に入って負けないようになってきて、どこかのタイミングで一瞬でも上位2チームを捕まえられるチャンスがありそうな予感。


そもそも一年でJ1に戻ることが至上命題のグランパス。


勝って勝って勝ちまくろう。

45000のグランパスサポーター

自動昇格を目指すグランパス。


明日はトヨタスタジアムで松本山雅を迎えてのホーム戦。


45000人のファンを集める予定だそうです。


過去のグランパスの最高動員試合は、ファルランと柿谷をようしたセレッソ戦だったようです。


今回はその試合を上回るファンを集めると、グランパスの運営サイドはいろいろな施策を打っています。


明日は久しぶりに、トヨタスタジアムにある、サイドスタンドのTOYOTAの文字が、大勢のファンで消えるでしょう。




そして、爽快な大入りと、爽快なコレオグラフが楽しみです。


トヨタスタジアムの45000人のサポーターを見てみたくて、もちろん弊社 制御盤 三笠製作所からも9人の社員さんが福利厚生として、スタジアムに足を運びます。


地元にサッカーチームがあるということは、地元企業としとも地域としても行政としても、いろいろな共同イベントを行うことができるので、とても良いことですね。


暑い夏にアツイ試合を期待して、明日はトヨタスタジアムへ。

8月30日 川崎 制御盤 海外規格 無料 技術セミナー

8月30日の制御盤 海外規格の無料技術セミナーの案内です。


お時間のある方やご興味のある方は是非ともご参加ください。



セミナーのお申し込みはこちら

「海外規格認証取得制御盤デモ機を触って学ぶ」無料技術セミナー  川崎会場


日時:2017年8月30日(水)
場所:川崎市産業振興会館4F C展示場
   神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
JR「川崎駅」より徒歩8分


【午前の部】<第1部>11:00~12:30
(受付開始 10:30~)
◆デモ機と共に解説・制御盤の国際規格
  ~「レトロな制御盤」になっていませんか?~
 講師:橋本
 (エンジニアリング部 セクションチーフ)
【午後の部】13:30~18:00
(受付開始13:20~)


<第2部> 13:30~15:00
◆「ISOの基礎」と「CEマーキングの必要性・規格概要」
~各指令の概要・諸外国の規格対応度・複数の災害事例とリスクアセスメントの実践~
 講師:八橋
  (セールス部 セクションチーフ)


<第3部> 15:15~16:45
◆正しく、ロスなく、早く、3拍子揃った海外規格対応を実現するには
 ~知っておくと歴然とした違いが出る
  ポイント~
 講師:渡邊
 (セールス&エンジニアリング部
 ジェネラルマネージャ)


<16:45~>
◆技術相談会
 セミナーで聞けなかった質問や、
 現在実際に お困り事のご相談や
 ご依頼をうかがいます。
 実案件の図面・仕様書・お見積りが
 ございましたらぜひご持参いただき
 お気軽にご相談ください。

セミナーのお申し込みはこちら
プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

ドイツとアメリカとアブダビと日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中 UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

世界130の国とと地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー
UL508A認定工場/UL PANEL SHOP
UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント/SIEMENS/ABB/MITSUBISHI
/OMRON 制御設計ハード・ソフト・制御盤製造
ドイツ・シュトゥットガルト
アメリカ・サンノゼ
シンガポール・チャンギ
UAE・アブダビ予定

リンク
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
    follow me on Twitter
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のコメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    海外情報
    911位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    中東
    20位
    アクセスランキングを見る>>
    ブログ内検索
    RSSフィード