アルアインでプレイする若い日本人フットボールプレイヤー

アラブ首長国連邦に通い始めてもう4年以上が経過した。

初めてアラブ首長国連邦のアブダビに向かった時は、ドイツに行くついでに寄っていくお気軽な感じだったのだけれど、東京からまさかの11時間。ドイツまでの飛行時間と全く同じだとエディハド航空の機内のモニターで気がついた。自分の中では日本~アラブ首長国連邦~ドイツは全て6時間程度の飛行時間だと勝手に思い込んでいたから。
しかもその時はアブダビからドバイに移動したのだけれど、まさかのエディハド航空の狭いバスで陸路を1時間30分もかけて移動してドバイに向かった。
何も考えずにふらっと立ち寄るような気持ちでアラブ首長国連邦に来たつもりがまさかの洗礼だった。そういえばその時は冬なのに気温が30度以上もあって、ダウンジャケットを着てきたのに、Tシャツになって汗をかいていた記憶がある。日本とアラブ首長国連邦の気温差35度で気管支がおかしくなりそうだった。

それからアラブ首長国連邦で様々な人生経験を得て、なぜか今日ドバイ警察と商いをするに至る。ドバイ警察との商いは、蜘蛛の糸を一本辿ってここまで来た感は否めず、よくその糸も切れなかったなと、今となって振り返れば背中がゾクッとする。携わってくれた人や助けてくれた人に感謝だ。

アラブ首長国連邦に来た当初はローカルのビジネスマンとばかり一緒に行動していたけれど、最近はたまに現地の日本人とも会うようになり、いろんな情報交換をしたり世間話をするようになった。そんな時イングランドでプレイする仲良しのサッカー選手が、アラブ首長国連邦の強豪アルアインでプレイする1人の日本人フットボールプレイヤーを紹介してくれた。彼はアルアインでプレイして2年目になる。その若い日本人のフットボールプレイヤーといろんな話をして、彼のアラビアへの順応性と積極性に驚き、その彼を上回る奥さんの現地への順応性の高さに感動さえ覚えた。今では現地のアラビア料理を食べにご近所のアラビア人と共に出かけるらしい。郷に入っては郷に従えだ。
練習環境は悪くはないけれど、夜7時からの練習でも気温は40度を超える。そんな中で彼は現地に馴染みながらアラビアの選手やブラジルの選手とともに国内制覇に貢献している。若い彼から学ぶことも多いし、目を輝かせてその話を聞かせてくれることで、自分がアラブ首長国連邦に来た頃を思い出させてくれた。初心忘るべからずだ。

アラブ首長国連邦に通い始めて4年以上。ドバイ警察との商いも大きくなりつつあり、一番慣れて来て脇が甘くなる頃だし、横柄になる頃かもしれない。そんなおり若い彼がアラブ首長国連邦で楽しみながら、しかし一生懸命プレイする姿に何かを思い出した気がする。

明日からもまた頑張れそうだ。

ありがとう。今年もアラブ首長国連邦のチャンピオンになることを信じてます。






ドバイ警察とともに5日間

アラブ首長国連邦ドバイで5日間に渡って開催された中東最大の展示会「GITEX」も無事に終了しました。

弊社 三笠製作所は昨年に引き続きドバイ警察との共同プロジェクトで、2019年からドバイに納入予定のコンセプトカー、スマホアプリで呼べるUBER型の自動運転の移動式交番。その名も「SPS-AMV」を開発展示しました。ちなみに、弊社の社員さんや協力会社さんがかなり無理をして短納期で仕上げてくれました。感謝感激。
※Smart Police Station-Autonomus Mobile Vehicle

毎日盛況なGITEXは、世界中のビジターとバイヤーとメディアが訪れる最先端技術の展示会。しかし残念なことに日本からのビジターとメディアは少なめ。

GITEXの最終日にはドバイ警察の警視総監と会食をする機会を頂いて、久しぶりにアラビア料理を食べることに。今回は右手ではなくナイフとフォークで食べたので、右手が著しくブザマになることもなく一安心。会食後には警視総監が自分に「3月1日にアレ持ってきて」と直接おっしゃられたので、内心「アレ」かぁ。間に合うわけないよなぁ。と思いながら「最善を尽くします」とのらりくらりと答えるのが精一杯。帰国したら来年のGITEXの新しい展示品の開発や、SPS-AMVの量産の準備や「アレ」も持っていかなければならないのでめちゃくちゃ忙しくなることに。

アラブの商習慣は世界でもかなり個性的(サウジアラビアが一番個性的だと言われている)で、今までの自分の常識と仕事感が全く通用しない地域だけれど、しかしなぜか刺激的で心踊るのも事実。これからもアラブのIBM(世界的なコンピュータ関連会社のことではない)に心が折れないように、一歩ずつ前に進んでいくつもり。しかし本当に量産するのかな、、、しかも「アレ」は本当にいるのかな、、、



ドバイ警察の警視総監が「3月1日にアレを持ってきて」と仰られている瞬間。両手を出して逮捕される瞬間ではない。

サウジアラビアの女性警官たち

中東最大の展示会「GITEX」も4日目。


相変わらず多くの来場者でごった返している中、弊社の展示品が展示してあるドバイ警察ブースには、アブダビ警察やサウジアラビア警察や近隣の警察部隊がひっきりなしに視察にやってきます。


ドバイ警察がメンツにかけて取り揃えた近未来の展示品を一目見ようとやってくるわけです。


ドバイ警察も、「最先端技術に関しては中東で俺たちが一番進んでるからね」と言わんばかりに近隣の警察部隊の視察を招き入れて、事細かに説明会を実施しています。


今日はサウジアラビアの女性警官さんたちが午前中にやってきました。


宗教上、写真は載せていいのかわからないから念のために載せないようにして、サウジアラビアの女性警官さんたちがドバイ警察ブースに何をしにきたかの説明だけ。


彼女たちは弊社 三笠製作所がドバイ警察向けに開発したコンセプトカー「UBER型の自動運転の移動交番」の利点や特徴や事細かなスペックを勉強しにきたんですね。


国内や市内を警官隊たちが自ら取り締まるのではなく、移動交番が自動で巡回するだけで街の安全が向上する施策の移動交番。


ドバイ警察経由でサウジアラビア、アブダビ、シャールジャ、アジュマーン、カタール、バーレーンに移動交番が導入されていくといいな。


GITEX2日目は取材陣が多め

さて、中東最大の展示会GITEXの展示会は2日目。


初日と2日目はVIP客が多く、会場内の警備も適宜厳しくなりたまに騒然となります。


また昨日同様に取材クルーも多く来場しており、会場のあちらこちらで撮影が行われています。


ドバイ警察ブースにも多くの取材陣が押しかけ、弊社 三笠製作所とドバイ警察との共同プロジェクトで出来上がったコンセプトカー「Smart Police Station-Autonomus Mobile Vehicle」の前では結構な取材陣の数。


新しいコンセプトなのでみなさん興味津々のようです。


Smart Police Station-Autonomus Mobile Vehicleが来年から実用化されて、アラブ首長国連邦の街をますます安全に出来るといいかな。


明日3日目からはマネージャークラスや一般のお客さんが多く来場されるので、引き続きSmart Police Station-Autonomus Mobile Vehicleの前が人だかりになるはず。


10月14日から18日は中東最大の展示会「GITEX」がドバイで開催中です。


お近くにお越しの際は是非ともドバイ警察のブースにお越しください。


アラビックコーヒーを淹れてお待ちしております。



アラブの商習慣とインナーサークル

中東は金曜と土曜が休みだから、日曜始まりなんですね。


なので、昨日の日曜から中東最大の展示会「GITEX」が開幕しています。


弊社も毎年恒例のドバイ警察との共同プロジェクトで、GITEXのドバイ警察ブースに弊社が開発したプロダクトを展示しています。


ようは、ドバイ警察がアラブ首長国連邦のドバイを安全に保つためのプロダクトを、弊社が開発製造して日本からここアラブ首長国連邦のドバイに持ってくるわけです。


そしてGITEXという展示会でお披露目をして、量産体制に入るという流れ。


まぁ、量産に入るのか否か、または量産に入ったとしても、、、


何と言っても中東の商習慣はかなりの曲者。


ドバイというイメージと響きに魅せられて、多くのビジネスマンが中東にやってきますが、これまでの自分のビジネスの常識が通用せずに、ことごとく打ちのめされる感じ。


具体的な解決策はあまりなく、エンゲージメントで毎月のように中東の客先に足繁く通い、インナーサークルに入ってしまうしかないですね。


入ってしまえば扱いはファミリーなので、とても信用してもらえて商売も俄然やりやすくなります。


が、そのインナーサークルに入るまでに、多くのビジネスマンが心が折れていくので、そこはガッツとファイトですね。


さて、GITEXの2日目が始まります。


今日も良い出会いと商談があることを期待して出発。


写真はドバイ警察向けの、弊社が開発した自動運転の移動交番のコンセプトカー。
GITEXのドバイ警察ブースに展示してあります。
プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

・ドイツ.アメリカ.シンガポール.ドバイ.日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中

・世界130の国と地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー

・UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

・UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント

・制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

・ドイツ・ケルン
・アメリカ・サンノゼ
・シンガポール・チャンギ
・UAE・ドバイ
・愛知県扶桑町

リンク
最近の記事
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
12位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード