ベルリンで誕生日パーティー

雨のケルンから雨のベルリンへ。先々週の韓国では今冬のソウルの初雪を体験して、今回は雨のドイツ。最近は日本と同様でドイツでもあまり雪は降ったり積もったりしないみたい。でも車は冬タイヤを履いてないと事故をした時に保険がしっかりおりないみたい。


そんなこんなで昼過ぎにベルリンに到着。毎年この季節にベルリンに来るのだけれど、ケルン同様に待ち中のクリスマスマーケットがとても幻想的。


でも今回はスケジュールがタイトなので、クリスマスマーケットを横目に見ながら、レセプションパーティーの会場へ。毎年毎年ここに来ると気分が高揚するというか身が引き締まる思いがするかな。


レセプションパーティーには600人超のゲストが招待されていて、会場は熱気に包まれながらも静粛な雰囲気。パーティー開始直後は厳かに執り行われて少しずつお酒が入るとパーティー会場は一気に華やかな雰囲気に。ドイツ人やドイツ以外のヨーロッパの人たちはお酒が大好き。そこらこちらで大きな笑い声や楽しそうな会話が聞こえてきます。


このパーティーは公には執り行われていないので、パーティーの様子の写真や詳細は表立っては書けないのだけれど、本当に華やかかつ高尚なパーティー。そんなパーティーに5年連続で招待頂いてとても嬉しいし、ヨーロッパで長く事業をしてきて良かったな、と。


次回は諸事情により14ヶ月後の2020年の2月にパーティーが執り行われる予定らしいので、それを楽しみに14ヶ月ほど頑張れるかな。



お誕生日心からお祝い申し上げます。


スポンサーサイト

クリスマスマーケットでドイツサッカーの歴史を垣間見る

ロスバケに遭遇するも2日後には荷物も戻り、Tシャツ1枚とパンツ2枚を購入するだけでなんとか寒いケルンをやり過ごすことが出来て一安心。


ケルンもですがドイツは街のあちらこちらでクリスマスマーケットが開催されていて、昼も夜も人人人で賑やか。


街路灯が薄暗いことも手伝って、クリスマスマーケットの灯りがとても綺麗。暗闇の中にすごく映えますね。




毎年少しずつクリスマスマーケットの屋台のトレンドが変わっていくのも見ていて楽しい。ホットワインやカリーブルストは相変わらず人気だけれど、子供向けや日用品の屋台が少しずつ進化していくのは定点観測し甲斐がある。それでもやはり昔ながらの屋台が多いので、古き良きドイツの雰囲気がクリスマスマーケットに来るといつでも感じられる。いい感じ。散歩しながら歩いていても自然と鼻唄も。


そして日曜の休みにはクリスマスマーケットの古雑誌屋の屋台へ。1年に1度しか会わない店主とも軽く挨拶を交わして、早速1930年代からのサッカー雑誌やサッカー新聞を物色。1930年代のドイツのサッカーリーグとか胸熱です。今回は1938年のサッカー新聞と1970年90年の雑誌を購入。80年前!しかもたまたまHSVの表紙の雑誌を買ったのだけれど、この時代のメインスポンサーは日立だったんだ。すごい時代だったんだな。ちなみにもう一つの雑誌の表紙はJ.LEAGUEでも活躍したリトバルスキーとワールドカップ5大会出場のマテウス。こちらもお涙ものです。

1938年のサッカー新聞





HSVの表紙。日立がスポンサーで、クライフも写ってる。1976年と72年。





リトバルスキーにマテウス。1990年のワールドカップ優勝時。







そんなわけで、日曜の楽しいケルンもあっという間に終わり。月曜は友達にケルンボン空港に送ってもらいベルリンへ。

フランクフルトでのロスバケからケルン

ベルリンでのイベントに向かう途中に降り立ったフランクフルトで、弊社の取締役ともどもロスバケです。


この寒い時期のドイツでロスバケは痛いですね。ケルンに着いたら早速ストールと下着を購入してきます。


そういえば、ICEの車内で配るお菓子がハリボーからチョコレートに変わったみたい。実は生まれてから一度もハリボーは食べたことがないのです。まぁ、そんなことはどうでもいいか。


ということで、ケルンでの打ち合わせが終わったら、毎年恒例のベルリンでの楽しみなイベントに向かいます。今年は例年以上に楽しみなイベントになりそう。

ミュンヘンからベルリンへ。で、ケルンへ。

ミュンヘンからベルリンへ。


離陸前に寝てしまい、起きたらテーゲル。


あっという間ですね。


ベルリンは降っていた雪も止み、寒さも少し和らいで、肌寒いけれど辛くはない外気温。


程よい寒さが身を引き締めます。


さて、この時期は毎年恒例のイベントへの参加のためにベルリンにやって来ます。


ちなみにこのイベントへの参加は今年で4回目となますので、参加者の中では古株になりつつあります。


イベントの内容は割愛しますが、また来年の冬もこうしてベルリンに来られるといいな。


さぁ、ベルリンからいつものケルンへ。

ベルリンへ

時差ボケも修正されぬまま、次なる出張への準備中。


12月は毎年恒例になったベルリンへ。


とにかく寒いです。


空港を出ると、身体の芯からから冷えます。


冷えるどころか、肌が露出しているところは痛いのです。


けれども、その寒さの中、街中の広場にクリスマスマーケットが開かれますので、一見の価値ありです。


ドイツのクリスマスマーケットといえば、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ローデンブルグ、ケルン、ドレスデン、ミュンヘン等々が有名ですが、首都ベルリンは世界で一番種類が多く、個性的なクリスマスマーケットだそうです。


毎年恒例のイベントを済ませた夜は、ベルリンのクリスマスマーケットに繰り出そうかな。


とにかく今から毎年恒例のイベントとクリスマスマーケットが楽しみ。



プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

・ドイツ.アメリカ.シンガポール.ドバイ.日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中

・世界130の国と地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー

・UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

・UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント

・制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

・ドイツ・ケルン
・アメリカ・サンノゼ
・シンガポール・チャンギ
・UAE・ドバイ
・愛知県扶桑町

リンク
最近の記事
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
803位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード