ミュンヘンからベルリンへ。で、ケルンへ。

ミュンヘンからベルリンへ。


離陸前に寝てしまい、起きたらテーゲル。


あっという間ですね。


ベルリンは降っていた雪も止み、寒さも少し和らいで、肌寒いけれど辛くはない外気温。


程よい寒さが身を引き締めます。


さて、この時期は毎年恒例のイベントへの参加のためにベルリンにやって来ます。


ちなみにこのイベントへの参加は今年で4回目となますので、参加者の中では古株になりつつあります。


イベントの内容は割愛しますが、また来年の冬もこうしてベルリンに来られるといいな。


さぁ、ベルリンからいつものケルンへ。

ベルリンへ

時差ボケも修正されぬまま、次なる出張への準備中。


12月は毎年恒例になったベルリンへ。


とにかく寒いです。


空港を出ると、身体の芯からから冷えます。


冷えるどころか、肌が露出しているところは痛いのです。


けれども、その寒さの中、街中の広場にクリスマスマーケットが開かれますので、一見の価値ありです。


ドイツのクリスマスマーケットといえば、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ローデンブルグ、ケルン、ドレスデン、ミュンヘン等々が有名ですが、首都ベルリンは世界で一番種類が多く、個性的なクリスマスマーケットだそうです。


毎年恒例のイベントを済ませた夜は、ベルリンのクリスマスマーケットに繰り出そうかな。


とにかく今から毎年恒例のイベントとクリスマスマーケットが楽しみ。



ベルリンへ。

ドバイ警察との打ち合わせが終われば、次はベルリンへ。


昼間でも5.6度のベルリンは、ドバイから移動すると、堪え難い寒暖の差がありますね。


この時期には恒例のベルリンでのレセプションパーティー。


とある縁で毎年出席するようになりました。


今年も楽しみです。


クリスマスマーケットも準備され始め、ベルリンに着く頃にはかなり盛り上がってるかな。


寒さで体がおかしくならないように、暖かい格好で出かけよう。


ハノーバーメッセでは一度に多くの世界情勢が

毎年恒例のハノーバーメッセ。


昨年は出展者でしたが、今年はビジターです。


ちなみに、秋のエモハノーバーに出展するので、今回のハノーバーメッセは出展を止めることにしました。


ということで、いつものように11号館あたりを中心に観ながら、出展しているドイツ人やアメリカ人やインド人の友達に声をかけて、近況報告と情報交換。


相変わらず広いから、よく歩くので、時差ぼけと相まって、帰国する頃には痩せてます。


明日も朝からメッセ会場をまわって、今秋の制御盤世界カンファレンスに役立てるような情報と技術を収集する予定。


明日の晩は、ハノーバーからアムステルダムなブレーメンかケルンに移動して、一旦タッチアンドゴーのような帰国に備えようかな。


とりあえず、明日のホテルを探さなきゃ。


一分一秒を無駄にしない弾丸出張

諸事情により弾丸出張でドイツです。


名古屋からアブダビ、そして、フランクフルトからケルンにやってきて、ハノーファーに移動して、ハノーファーメッセで打ち合わせをした後に、アムステルダムに移動して、関空戻り。


バタバタでごさいます。


バタバタでも、一分一秒を無駄にしないのが要領の良さなので、この短期間で抜群の成果を上げて、土曜までに帰国予定。


取りあえずビーレフェルトまでやってきまし。

プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

・ドイツ.アメリカ.シンガポール.ドバイ.日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中

・世界130の国と地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー

・UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

・UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント

・制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

・ドイツ・ケルン
・アメリカ・サンノゼ
・シンガポール・チャンギ
・UAE・ドバイ
・愛知県扶桑町

リンク
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
    follow me on Twitter
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のコメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    海外情報
    674位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    中東
    18位
    アクセスランキングを見る>>
    ブログ内検索
    RSSフィード