SUPER GT閉幕。

2月のテストから始まり、3月に開幕したかな、と、思ったら11月中旬には閉幕。


もはや自分の人生の中で、まぁまぁ大きなウエイトを占める、スーパーGT。


8ヶ月間のアツイ激闘も先週の日曜日で終了です。


Team LeMansの皆さん、またTeam LeMansに携わる全ての皆様、他では得難い経験を本当にありがとうごさいました。



いやー、しかし今シーズンはアツかった。


弊社の応援するTeam LeMansは、開幕戦から表彰台を獲得し、シーズン序盤にランキングトップに。


ウエイトハンデもありながら、昨年同様に最終戦まで優勝争いを演じていました。





チームがシリーズチャンピオンになる為に、本当に多くのメーカーさんが携わり、開発とテストを繰り返し、その結果を反映して改善を行い、PDCAをまわしてベストのプロダクトに近づけていきます。


メカニックさん達は、ピット作業の練習を繰り返し行い、少しでも早く車をピットからコースに戻そうと努力を積み重ねます。


分析官さん達は、いつも画面上の数字を確認しながら、車の状況や路面の状況や全てのファクターを考慮して、車が速くなる答えを導き出します。


ドライバーさん達は、想像を絶するほどのフィジカルトレーニングやドライブシミュレーションを、毎日毎日繰り返しています。


聞いた話によると、ドライバーさん達の体重が1キロ違うと、サーキットにもよりますが、0.1秒ほどラップタイムが変わるとか。


監督さんはシリーズチャンピオンというゴールに向かって、ありとあらゆる状況を想定し、戦略を練りに練って戦術に落とし込んでいきます。


レース中も刻々と変わる状況をうけて、その瞬間に考えられるベストの答えを出して、即座に監督さんの無線から関係各所に指示が出ます。


チーフエンジニアさんは、常に監督さんと俯瞰的にレース展開を確認しながら、冷静にマシンの総合的な健康診断を行います。


まだ、漏れがたくさんあると思いますが、他にも本当に多くの人達が携わって、チームが運営されています。


レースもチームという組織が、シリーズチャンピオンというゴールを目指す以上、会社組織と近いものがあり、そのチーム運営の一つ一つが自分自身への学びとなり、経営する会社への財産となります。


また、あえて言うなら、8ヶ月間という短いシーズン、かつ、各レースの2時間弱の出来事だけ捉えると、刹那的で瞬間瞬間が勝負になります。


もちろん、チームという組織は半永続的に続いていきますが、それでも刹那的だな、と、いつも感じます。


それゆえ、自分の会社も自分の人生も、もう少し瞬間瞬間を大切にして、一年毎の事業計画と人生計画を見つめ直すキッカケになったかな。






アツイアツイ今年のSUPER GTも終わり、Team LeMansがチャンピオンになる楽しみは来年以降に持ち越し。




そして、サーキットで得た貴重な経験は、明日からの自分の人生と、自分の経営する会社へのかけがえのない糧となりました。



感謝。

7月22.23日 SUPER GT@菅生サーキット

来週末に、菅生サーキットで2ヶ月ぶりのSUPER GTが開催されます。


前回は5月20.21日の大分のオートポリスでの開催でしたね。


我がTeam LeMansは、オートポリスで無念の途中リタイア。


全力を尽くした結果だから仕方ないですね。


この仕方ないを、次戦の菅生サーキットで成果に変えていきたい。


いつも全力で仕事に取り組んでるTeam LeMansのメカニックさん達や、スタッフさん達ならばやってくれるでしょう。


7月22.23日 菅生サーキットで開催されるSUPER GT。


皆さんもぜひサーキットでレース観戦を。


生で見るモータースポーツは、感動すること間違いなし。


また、レースカーだけでなく、全力で勝ちに行くピットクルーの方々や、監督さんやスタッフの方々の動きにも大注目です。





Team LeMans SUPER GT第2戦

富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 第2戦。


弊社が応援するTeam LeMansは予選3番手スタートから、決勝は2位でフィニッシュ。


おめでとうございます。


現在ランキング2位につけているので、シリーズチャンピオンを獲得するには好位置。


刻々と変化していくコンディションに、チーム一丸となって対応していく様子は、いつも自分が経営する会社の為にもとても参考になる。


それだけではなく、多くのファンを巻き込むムーブメントは、事業を長く続けていく為には、とても大切なファクター。


会社運営者単体だけでは、社会や顧客に対して何の役にも立たず、三位一体となることが、当たり前のように重要で、その内外で大きなムーブメントが起こり続けている事が、もっとも望ましいと信じている。


弊社が応援するTeam LeMansは、SUPER GT界においても、周りを巻き込んだムーブメントを起こしながら、チーム運営をする数少ないチームの一つ。


なので、本当に勉強になり、刺激にもなる。


次回は、九州オートポリスでの第3戦。


チーム力と、かつ、周りのムーブメントにも押され、表彰台の真ん中に立って欲しい。



ゴールデンウィークのSUPER GT@富士スピードウェイ

時差ぼけからの体調不良でしょうか。


まぁ、ゴールデンウィーク中の体調不良なので、のんびり治すことにします。


とは、言いながら、ゴールデンウィークの5月3日と4日は、富士スピードウェイでSUPER GTの第2戦が開催されますね。


開幕戦はレクサス勢が表彰台を独占したので、第2戦も引き続きレクサス勢の活躍が楽しみです。


もちろん、弊社の応援するTeam LeMansにも期待大。


開幕戦は2位で表彰台に上がっているので、第2戦は真ん中に立って欲しいですね。


ということで、お時間のある方は、ぜひ富士スピードウェイへ!!


写真は岡山サーキットです

スーパーフォーミュラとかSUPER GTとかJ.LEAGUEとか。

名古屋と東京を行ったり来たりの1週間も、明日の土曜日に催される講演会の講師を無事に勤めれば終了です。


ちなみに、講演するのも久しぶりなので、少し緊張しますが、たまにはいいですね。


土曜日の講演会が終われば、日曜日は待ちに待ったスーパーフォーミュラの開幕戦の決勝を観るために鈴鹿サーキットへ。


弊社三笠製作所がサポートするTeam LeMansの7号車のフェリックス・ローゼンクヴィスト選手と、8号車の大嶋和也選手に期待。


これで、先に開幕したJ.LEAGUEとSUPER GTに続き、スーパーフォーミュラも開幕したので、毎週末が楽しみなシーズンに突入です。


サッカーもレースも、選手の皆さんには怪我に気をつけて、無事にシーズンを良い成績で終えるように、チーム一丸で頑張って欲しい。








プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

・ドイツ.アメリカ.シンガポール.ドバイ.日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中

・世界130の国と地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー

・UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

・UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント

・制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

・ドイツ・ケルン
・アメリカ・サンノゼ
・シンガポール・チャンギ
・UAE・ドバイ
・愛知県扶桑町

リンク
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
    follow me on Twitter
    FC2カウンター
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最近のコメント
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    海外情報
    801位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    中東
    17位
    アクセスランキングを見る>>
    ブログ内検索
    RSSフィード