名古屋の象徴 ドラガン・ストイコビッチ

1994年。


夕方のニュース番組をみていたら、ユーゴスラビアのサッカー選手が名古屋グランパスエイトに入団すると伝えていた。


あれっ、90年のワールドカップのグループリーグで、スペイン相手にフリーキックを壁の外から巻いてゴールしたストイコビッチだ。


赤いスーツを着て空港に到着した様子だった。


リネカーもパッとしなかったので、ストイコビッチもどうかな、みたいな雰囲気は否めなかったかな。


Jリーグの試合では、ストイコビッチキレないで、というプラカードを持って応援するサポーターもいたっけ。


最初の頃はオーバーウエイトだったし、チームの方針もよくわからないので、あんまり役に立ってなかったかな。


でも、ヴェンゲルが監督として名古屋に来てから、少しずついつの間にか名古屋の中心選手で象徴になってたな。


天皇杯でのゴール前でのフェイントは、今でもたまにYOUTUBEでみることも。


そんなこんなで、2001年の引退試合はトヨタスタジアムで、レッドスター対グランパスエイト。


前半はレッドスターのユニフォームを着てプレーし、後半はグランパスエイトのユニフォームでプレーしてた。




7年も日本でプレーし、今では名古屋の監督。


という事で、こんな試合があるらしい。



ちょっと興味津々。
プロフィール

代表取締役 石田繁樹

Author:代表取締役 石田繁樹
・株式会社三笠製作所 
 代表取締役

・ドイツ.アメリカ.シンガポール.ドバイ.日本で「制御盤」「制御設計」のエンジニアリングセンターを展開中

・世界130の国と地域の電気レギュレーションを網羅する制御盤メーカー

・UL508A認定工場/UL PANEL SHOP

・UL508A/NFPA79/CEマーキング/リスクアセスメント

・制御設計ハード・ソフト・制御盤製造

・ドイツ・ケルン
・アメリカ・サンノゼ
・シンガポール・チャンギ
・UAE・ドバイ
・愛知県扶桑町

リンク
最近の記事
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中東
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード